Diary,  Guitar

Hard Rock Cafe in the Universal Citywalk in 1998




前々回の記事で見つけた写真を整理してスキャンしました

前回の記事の最後に次回は当時のNAMM Showを紹介すると書いて終わりましたが、その前に1998年当時のUniversal Citywalk HollywoodにあるHard Rock Cafeに飾られていたギターを数本紹介します

カフェの前に大型のギターオブジェがあります

このオブジェは何個か代替わりして、現在ではEddieのフランケンになってるみたいです

でわでわ、カフェ内にあるギターを見て見ましょう

まぁ目的はVH関係なんですが、入ってすぐに目が止まったのはクラプトン氏のシグネチュアモデル

建物内をウロウロと探し回ってるとまずはサミーのWashburn Guitarが

市販品のRR-100とはコントロールノブの数もボディトップ材も違い、何よりRed Rockerのインレイがあるので本人向けに作られた物でしょう

写真は画像が粗いしもう21年前の事なんでよくは覚えてませんが、ブリッジ下にサムのサインがあったと思います

更にウロウロしているとまたまたありました

Michael AnthonyのMusicman Sterling

Balanceツアーでメインで使用したカラーの物です

これにもサインがあります

残すはEdのギターです

1995年の頃のギターとベースがあったのでMusicmanかPeaveyかどっちやろう?と思いながらウロウロ

ありました!!

なんやねんっ!!それはっ!!!!

どっからどう見ても安価なストラトタイプにペイントを施しただけのギター…

それなのにサイン書いちゃってるよ…

よくサインしたなぁ…

高鳴ったボルテージは一気に興醒めして意気消沈気味…

写真は撮ったんで記念にZippo買ってこの場を後にしました…

次回は1998年当時のGuitar Centerの写真を紹介しようと思います

nagase





1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です