Guitar

Peavey 1997 EVH Wolfgang Trans Red




遂に念願かないました!!



ここに辿り着くまでほんまに長い道のりの時間でしたわ…

順を追うと、15年前にアイボリーの初期(シリアル下4桁11XX)を持ってました

1年後、バーズアイメイプル材のネック強度が弱かった為、泣く泣くお別れ&欲しいギターの下取りに出して手放しましてん…

いつか初期のアイボリーの物を買い戻そうと思ってんけど、数年間見つからず頭の中は完全にヴィンテージ思考へ移行

半ば諦めたままに探しながら約10年経ちました

3年前、たまたま探したらまさかの手放したその物ドンズバを発見!!~次の日電話を入れると売約済み…

意気消沈…

そんな中、初期キルトメイプル材のサンバースト物が出回り出しました

買おうかどうしよか迷った末、サンバーストの物には思い入れはなくスルー〜

このギターの初期衝動は95年のヤングギターの来日時のあの写真!!

やはり、最初に見た赤いのんが欲しいと決意表明した矢先、見つけました!!

即買いです〜!!

初期物を持ってたんでやっぱヘッドロゴは金ピカロですなっ!!(反射で見にくいですが…)

バックも奇麗ですし何より、ネックは6弦側に柾目で1弦側に板目のある追い柾目の強度が1番強い面取りです!!

自分の持ってるギターのほぼ全てがこのネックに共通してます

ネック問題に悩んだ時代あったんで特にこの部分は気にしてますね〜

Eddie本と絡ませて〜のんです

初期物にはキルトメイプル材のツルツルのモノが多いんですが、光が入れば浮き出ますな

派手ではない杢目の物、バーズアイの少ないネックを求めてたんでドンズバですね〜

1983年〜2013年の歴代のん並べてみました

Ernie Ball/Musicmanのんは色素が抜けて明るくなりましたな〜

EVHモデルはよーさん持ってたけど、手に入れては手放すを繰り返して厳選した物のみ残しております

PEAVEYのんとEVHのんをヒートンに変えないとコンプリートできない感はありますね

nagase





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です