Diary

お盆2012 Part.IV




実家、地元でゆっくりさせてもらいました

大阪へ戻る日は少し悲しくなります

出発前にはゆっくりと家族みんなと過ごしたいので、せっせと荷物を詰め込み大阪に送る物を準備したりと

地元、浜田の名菓「利休饅頭」

黒糖の濃い味で俺の周りではめちゃ人気の逸品です

利休は各地を旅してその地に茶菓子を残したらしいが、その当時は黒糖作りが盛んやったのか?

まぁ、むちゃウマなんでアンテナショップでお買い求め下さい

そして日本海の荒波にもまれて乾物になった「天然わかめ」

みそ汁にパリッとちぎって入れるもごはんにふりかけるのも、そのまま酒のアテにするもよしの万能天然ミネラル

まだまだうまいもんあるけど、次回は冬の名産品編をば
浜田の観光大使のオファー来ないかなぁ…?

以前ブログに書きましたが、今年の夏も読みました

毎年、報道や特番、映画等を見たり話を聞いたりして読み返すと、何がどう真実なのか?と政治的な事を思ったり詮索したりしますが、日本は広島と長崎に原爆を投下された真実は確かにあります

これからの世に、この漫画に描かれた様な事が起きない事を強く願います

夕方、家族にお別れを言い駅から高速バスで一路広島へ
日暮れの地元の風景は昔からノスタルジーな気持ちになるなぁ

広島では新幹線に乗り継ぎまで時間を設けたので俺の好きな「お好み焼き」を

大阪にいますが俺のお好み焼きはやっぱこれですな
時間の関係で新幹線口で食事でした

力強い生地とキャベツの旨味、そばと卵の絡み合った部分におたふくソース
トッピングは特別にいらないのでいつも豚玉そばです

そうそう、自家の食卓にいつもあった「旅行の友」
お弁当用ミニサイズ、味のバリエーションあり

これは広島ブランドですが懐かしい味なので大阪に持って帰りました
つうか普通にむちゃくちゃ美味しいんです

どうやら大阪のスーパーでもあるそうなので気になった方は是非!!

このふりかけを使ったレシピもあり、つい数週間前にTVで紹介されてました
今度試しに作ってみます

大阪に戻って落ち着き荷解き

中2ん時、美術のテストで自分の手を描いたテストを母が大事に保管していた物が、
今回の帰省で10年以上ぶりに見つかったので持って帰って来ました

母は絵描きで描写をしていた事があったらしく、俺も描写が好きでした
時間があればまた描きたいですな

また冬、年末〜正月に家族やツレに会えるのをを楽しみにしてます

nagase



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です