Diary

MacBook Airの充放電回数が1600回を超えた現状が




MacBook Airは何とか使えるので使い続けてたら、充放電回数が遂に1600回を迎えました

過去にも書きましたが、Macbook Airの充放電回数のリミットは公式ページ表記では1000回ですが、600回と大幅に超えてます

もう書く事はないと思ってましたが、記事に残しておきます

1500回を迎えたのはいつやったっけ?と思い見直してみると昨年の2021年9月10日でした

1600回を迎えるまで5ヶ月弱あったのは意外でしたね

と言うのも、充電した電池の残量が減るスピードが上がってたので、感覚としては4ヶ月位に短くなってた感じでした

1500回から1600回の間に起こった事を書きます

1500回から30数回加算するまでは特に何もくいつも通りに使えていたんですが、1536回目あたりで変化があらわれました

このMacBook Airは購入してから、使わない時はそのままかディスプレイを畳んでスリープ状態にしてたんですが、帰宅後にカバンから出すとバッテリー部辺りが異常な熱を持ってました

焦ってディスプレイを開くと電池残量が10数%で赤くなってました

100%近くまで充電してたのに、帰宅まで30分くらいの間に何が起こったのか?皆目検討がつきませんでした

電源を落として冷えるまで放置

充電して再度開くと起動までに充電したみたいで20数%くらいまで回復してたと記憶してます

ホッとしたのは束の間、え?異常な熱を持つ…?

これはさすがにバッテリーが悲鳴をあげてると思い、その日からは使わない時は電源は落とす事にしました

そのまま何日も使用する時以外は同じ様に電源を落としてたら、熱を蓄える事はなくなり、以前の様に使えました

ただ

起動させてからいつも使ってた状態に戻すまで5分程度がかかるのでめんどい…

とはいえ、買い換えるのはしばらく諦めたし、大事に使わんとあかんのでここは節約的に使おうと決めました

そこから数十回の充放電を繰り返したら異常な熱を持つ事はなくなりましたが、1600回を迎える手前の1588回目から充電中にディスプレイを畳んで放置したままでも異様に熱を持ってました

充電しながら使用する際も何回か同様の症状になりました

たまにファンが回り出した事もありました

これはさすがにまずいと思い充電する時はできるだけ使わない、使う時はできるだけ冷めてから使うとしてたらまた落ち着きました

その繰り返しをして1600回を迎えました

その1600回のシステム情報がこちら

今のところ、使用中に急上昇な熱を持つ事やファンが回る事もありませんが、充電中は熱を持つ事があります

完全充電時の容量(mAh)が1500回の時の4456mAhとあまり変わってません

100回分のスクショを見直すと多くなった時で4600mAh台、低くなった時で4200mAh台、その間を行ったり来たりな数値でした

しかし、電力量?蓄電量?が不安定なんで3615mAhまで下がる時もありました

反対に復活して調子が良いのか?4800mAh台まで行く時もありました

実際に使用していると半日以内で使用頻度にもよるんですが、2回充電しないと使えない時もありました

1000回を迎えた時の完全充電時の容量(mAh)は5854mAhやったんで消耗してるのは明らかですね

さすがに1700回目を迎えるまでには買い替えかバッテリー交換かのどちらかの決断をしないとあきませんねぇ

本体の状況に応じて使い方を考えながら使用してみますね

1700回目の記事を書ければまた書いてみます

充放電回数1000回、1100回、1200回、1300回、1400回、1500回の記事はこちら

nagase





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です